忍者ブログ

ピリピリ矯正日記

ガルバニー電流のばかぁ!!
2008
07,23

«あらら»

右側に埋め込んでたインプラントが外れてしまいました。
というか、ぐらぐらだったので自分で外しました。

一体いつから緩んでいたのか、ネジ部分が半分ほどでてしまっていて、戻そうと思ったんだけど痛くて断念。なんか怖かったしー。
奥の方、穴がふさがってるのかもな。
で、そのままぶら下げてるのも痛いし邪魔だし、取ってしまいました。

取るのは全然痛くなかったです。
ということは、やっぱ穴ふさがってきてたっぽいかな~。

もう抜歯痕もふさがってるし、今までこれを使って引っ張ったこともないし、もういらないといいな~。
もし必要なら、もう一回やってもらえばいいか。いやだけど
一応、先生のいらっしゃる日に電話だけしてみるか。

はーでもスッキリしたぁ! 邪魔だったのよね~。
反対側はそんなに邪魔じゃないんだけど、右側はかなり上のほうに打ったから常に異物感あったし。
もう、このままサヨナラしたいぞー。
PR
2008
07,09
昨日19回目の調整に行ってきました。

帰り道、土砂降りの雨に降られ、ずぶ濡れに
私が小学生やったら、傘さすのやめて自ら水溜りにバシャバシャ入りに行ってるに違いない!というほど靴までグショグショ。
雨に濡れるとなんでこんなに疲れるんやろう。だる~。


前回の調整で、下の前歯の隙間はだいたい閉じました。
代わりに奥歯の隙間が増えましたが
今回、下の奥歯の隙間を再度詰める工程に入りました。結構痛い。
今日の時点で2ミリ→1ミリまで詰まりました。前歯の隙間も閉じました。
あと少しだ~~。
噛み合わせも元に戻ってきたようで、ほっとしています。

上の犬歯横の隙間は前回の調整で詰まったのですが、またもや前歯に隙間が発生中。今回の調整でなくなってくれると嬉しいなぁ。
・・・というところです。


ところで、9月からまた先生が変わることになりました
というか、最初のA先生に戻ります。
A先生→B先生→C先生と交代してきたのですが、産休だったA先生が本格的に復帰されることになったそうです。
それについては何の不満もないのですが、なんだかなぁもう
運の悪い時期に行ってしまったんだろうな~。仕方ないけどさぁ。

C先生は後1回で終了です。
次回は8月5日。
2008
06,21
20日は18回目の調整日でした。

まず上の歯は、左の犬歯の奥にある1ミリの隙間を埋める過程に入りました。
1日経って、隙間は半分に減ってます あと少し!
こっちは順調なんだよね~。問題は下の歯。

下の歯については、前回の整で少し疑問に思うことがありました。
今回解消されたら別に聞くこともないかと思ってたのですが、やっぱり今回もなことがあったので、疑問をぶつけて見ました。
2008
05,30

«咬耗症»

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、私の歯はかなり磨り減っています。どうも幼少期に歯軋り癖があったようでして・・・。
記憶にあるよ~な無いよう~な。
隣の部屋で寝てた兄貴に聞いたらわかるかしらん。

歯医者さんには、わりとよくあることですよと言われてました。
ついさっきまで知らなかったんですが、ちゃんと『咬耗症』という名前がついていて、しかも、放っておくと大変なことになるんですね が~~~ん

ちなみにこういう状態のことを言います。
この重症例まではいってませんが、ページ中ほどの「咬耗症の治療例1」の治療前の歯が私とそっくりです。
結構進行しとるんやんか~。

いつからこうだったのかわからないのですが、高校生のときにはもうこの状態だったので、おそらく小中学校のときなのでしょう。すげーな、歯軋り。
硬い歯を削るには、やっぱり硬い歯なのね。
ダイヤモンドみたいやん、とか言うてる場合ちゃうな

でも、これも治療できるのがわかってめっちゃ嬉しいです~


実は私は昔から、筋張った肉や硬いものがちゃんと噛めない人でした。
硬い肉などは、ずーっと噛んでてもどうにもならず、仕方なく大きいままでモヤモヤになったお肉をお茶で ごっくん してましたし、硬いものはある程度砕いてから食べるようにしてました。
それは、歯並びが悪いからか顎が弱いからだとずっと思ってました。

違ったんですね。
歯が尖がってないからだったんですね!


矯正を始めてから、ブログなどで他人の歯を見る機会が増え、なんか自分の歯の形がおかしいなと思うようになりました。
で、旦那に歯を見せてもらったら、肉食獣のように尖がっていてもんのすごい衝撃を受けました~~

なるほど、だからこの人は何でも噛み切れるのか!
だからこの人に噛まれると痛いのか!
そして、だから私が噛み返しても全然痛がらないのか!! なにやっとんねん
と、目からウロコ。

治したら、ちゃんと噛み切れるようになるのかな~。
それやったらめっちゃ嬉しいんやけど。
あ、でも。治療はできても尖らすことはできひんかもしれへんな~。
次回、先生に聞いてみよ~っと。
2008
05,02
40になってもた~~ あーついに大台か。


私は表情が貧しいというか、感情を顔に出すのが苦手なタイプです。
それにプラスして、笑うと右側の八重歯に唇がひっかかって戻ってこないこともあって、口をあけて笑うことはあまりありませんでした。
たま~に口をあけて笑ってる姿が写真に残ってしまうと、それはそれは陰鬱な気分になってしまいます

小さい頃からなぜか写真が大嫌いで、昔の写真は実はあまりありません。
なんかトラウマでもあったのか?と自分でも思うほど、カメラを向けられると顔が引きつり、すごい速さでカメラから逃げだします。
思い出を残すことより、むしろそんなもん残したくない!くらいの勢いで。
だってやなもんはやなんだもん~~。
苦手意識から顔が引きつる上、歯並びも悪く笑おうとするとなんとも情けない顔になるんですよぅ~

でも高校生になってからは、少しは写真に写るように努力したのですが、当時のアルバムを見るとすべて口が左上がりに曲がっているのがなんとも悲しい そしてひきつりながらも必死で笑ってるらしい顔はすべて同じ表情。

・・・・いやすぎ~~~!!
ちなみに口が曲がっているのは八重歯のせい。
右側の出っ張った八重歯が邪魔で右の口角が上がらないから、笑うと左側の口角だけが上がるというわけです。


矯正も佳境に入り、八重歯も引っ込み歯並びもきれいになってきたので、少し前から鏡を見ながら口角を上げる練習をしています

最初の方は、右の頬の筋肉が退化していてなかなか上手く動きませんでしたが、やっと最近左右対象に動くようになってきました。
いやー、以前から右の頬の方がたるみ気味だったのは、筋肉が退化していたからなのだろうねー。左右の顔のバランスもかなり悪かったしねー。

つくづく矯正初めてよかったな~と思う今日この頃です

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


« 前のページ: HOME : 次のページ »
プロフィール
HN:
ibiko
性別:
女性
自己紹介:
30代後半より、歯列矯正始めました。
不可思議な現象に悩まされながらも、
なんとかがんばってます~。
最新コメント
[11/11 ゆーこ]
[08/06 さちこ]
[06/13 めぐり]
[05/19 estrella]
[05/01 estrella]
ブログ内検索
カウンタ

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP
忍者ブログ[PR]